私広告制作裏話など、日常の棚からひとつかみ


by miuboss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ようやく始動

昨日ようやく私広告編集部員と新年初顔合わせをした。
ずいぶんと遅い始動になってしまったが、しょうがない。
学生はテストやら、卒論があるし。

大まかな年間スケジュールも決まり、あとは細部の詰めと
誌面のマイナーチェンジも含めた準備、新プロジェクトの
企画立案作業が残っているが、それは徐々にやろうと思う。

酒を飲みながら話していたので、しなきゃいけなかった話など
所々置き去りにしているので、また後日会議ということで。

そんなわけで、お待たせいたしました!私広告3号は
2月下旬発行予定です。2ヶ月休憩を頂いた成果など
発揮されていることになると思います。乞うご期待!

ああ、そうだ。昨日帰り際に無性にラーメンが食べたくなり
江古田にある「びっくりラーメン」に初めて立ち寄った。

やっぱり180円の味だね。180円だからこそ許せる味。
ただね~、モヤシが臭かった。あれだけは改善してほしいな。
[PR]
by miuboss | 2005-01-30 17:34

願いは届くのか?

デスクがよくやる手法をお借りいたしまして。
今日の拾い物ニュース!

クリーム、ついに再結成ライヴを正式発表!(CDジャーナル)

エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーが結成した伝説のロック・バンド、クリームがついに今年5月に再結成することに!

昨年11月に“再結成か!? ”と報じられて以来、さまざまな憶測を呼んでいましたが、彼らが再結成する場に選んだ、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールの公式HPにて、ついに正式に再結成ライヴ開催が発表。再結成ライヴは、5月2、3、5、6日の4日間行なわれる予定です。チケットの販売は1月31日午前9時から(現地時間)。奇跡の再結成なだけに、往年のファンならば、ここは思い切って旅立ってみてはいかがでしょうか?


だって!ああ、とうとう実現してしまうのね・・・。
まるでパンドラの箱を開けてしまう気分だ。嬉しいけど怖い。

いや、ジャック・ブルースはあんまり心配ない。
ジンジャー・ベイカーの最近の動向は知らないが、
パワーは衰えてるだろうが、何とかしてくれるだろう、きっと。

問題は明らかにクラプトンなわけで。ああ、どうする!
今の彼にクリーム時代のプレイは望めない。不可能だ。
かといって今のクラプトンモードで弾いて欲しくないわけで。
その辺どうやって彼は折り合いをつけるのだ?興味深い。

プレイはどうやったって往年のクリームには届かないだろう。
それはもうしょうがない。人は否が応でも年を取り、衰える。
だから、しょうがない。プレイ面での往年の熱さは諦めた。

だから1つお願いだ!これだけは聞いてくれ、クラプトンよ!
ストラト使うのは構わないが、近年の変なペイントのやつだけは

やめろ~!

そして少しは弾きまくってくれ!お約束のフレーズ多用はやめて!
そんなのいつだって日本で見れるんだからさ~。

本当に、これ以上幻滅させないでくれ~!!
[PR]
by miuboss | 2005-01-29 00:04
久しぶりに新譜を聞いて胸が躍っております!嬉しいな~。
そのシロモノはNew OrderのNwe Single「Krafty」。
こちらのサイトで期間限定フル試聴実施中です。

初期New Orderのエッセンスがたっぷり詰まっていて、
それだけで嬉しいのに、前作「Get Ready」からのギターロック的
音世界もしっかりと残っていて、2重の嬉しさ!アルバム期待大!

UKシーンは確かに新人が近年稀に見る大豊作かもしれないが、
2000年代に入ってからの中堅、ベテラン勢の充実も目が離せない。
しかも往々にして新人たちより瑞々しい音だったりする。

「これにロックの未来があるの?」と問われたら、それは「ない」でしょう。
革新性など何もないし、どちらかといえば彼らの王道だし。
ただ、このポップセンスがある限り、彼らはきっと大丈夫。
これからも期待を裏切らない「Good Music」を届けてくれるでしょう。
それだけで十分。心躍る新曲が少ない今こそ重要なものだと思う。

だから、もっともっとおじさんに頑張ってもらわないと!
だって、最近の新人、あんまり面白くないんだもんね。
[PR]
by miuboss | 2005-01-26 23:36

季節はずれの新宿物語

先週の土曜に久しぶりにライブハウスに行ってきた。
長い間触れていなかったモノに触れられて、色々
今後の展開など考えるヒントになったりして面白かった。

休みとなるとやはり体力の温存など、内向きの生活を
主体に考えてしがちだったけれども、やっぱりたまには
外に出て人やモノに触れることも大切だな、なんて考えた。

自分以外のものと向き合う時は、それなりに神経も体力も
使うもので、そこから派生する種々様々なシガラミとかを
考えると及び腰になりがちだ。でもまだ若いんだし、そんな
守りに入る必要なんかない訳で。そこのところ忘れてた。

今年はアクティブに色々なことにトライしたいものです。
ああ、期せずして今年の目標が出来た。良かった、良かった。
[PR]
by miuboss | 2005-01-24 23:20
かねてから気がかりだったスマップの新曲を聴いた。

ああ、スマップっぽい曲だね~、なんて思いもあるのだが、
やっぱりクラプトンが書いたとなると、腑に落ちない。

今のクラプトンに何かを求めてるかといったら、
別に何も求めちゃいない。求めるのも酷だと思う。

しかし、ありゃねーだろうよ。期待外れもいいところ。

これはいつか私広告でやるネタだからあんまりここでは
書けないけれど、もうちょっと頑張れよ!クラプトン!!

クラプトンも竹内まりやも小林武史もスマップもみんな好きだけに、
今回はちょっとゲンナリ。竹内さんはあんまり関係ないけど。

スマップも久々に歌の実力が如実に表れていてしまって
ちょっとかわいそう。テクニックがあるわけじゃないのにねぇ。

アレンジは小林節全開といったところか。安心感はあるね。
しかしアレンジひとつでこうもJ-POP丸出しになるんだね。
クラプトンバージョンもちょっとだけ聞いてみたい。怖いもの見たさに。

でも本当に安直なコラボレートだよな~。
そこに全く必然がなくとも、マジックが生まれるのがコラボの良さ。
それが全くないんだもんね。
ああ、最初から期待するのがおかしいって話ですよね・・・。
[PR]
by miuboss | 2005-01-17 23:46
デスクのどぶろぐにも書いてあったけど、紙ジャケ良いよね。
中身が変わってるわけでもないのに、なんだか惹かれちゃう。

あれは何で惹かれるんだろう?レコードへの郷愁?質感?
紙ジャケのなんともいえない安心感?そのどれもが正解だろう。

雑誌もまるっきり一緒で、質感や安心感は非常に重要な要素だ。
そしてなんといってもビジュアルであり、インパクト。

私広告も今年はそのビジュアルやインパクトあたりに力を
注いでいこうかと思っている。もちろん中身の充実あっての話だけど。

そんなことを考えている、休憩時間です。
早く3号出したいんだけどなあ・・・。
[PR]
by miuboss | 2005-01-16 22:29
前回書いたように、今年から表現媒体が増えそうだ。
その地ならしをするために、毎日飲み歩いています。
いや、ただお酒が好きなだけですね。すいません。

こうやって私広告絡みで色々な職種、年齢の方と
語り合ったり、お仕事が出来るのは嬉しい限りです。
お世話になっている方々、ありがとうございます。

今やっている地ならしが形になれば、相当楽しくなるはず。
それを発表できるのはまだ先です。焦らしてごめんよ(笑)

それにしても「オーシャンズ11」、つまらないね~。
いや、いまどき「11」のほう見てるのもどうかって話だけど。
出てるメンバーが豪華すぎて、生かしきれなかった感が強い。
泥棒映画にしちゃ、スリルも薄いしロマンもない。
映像をお洒落にしてるだけに、そこがもったいない。

アンディ・ガルシアが元ACミラン監督のザッケローニに似てた。
それは妙に笑えたな。
[PR]
by miuboss | 2005-01-15 23:36

編集長参上!

安川嬢だけブログを持つもんだと思ってたら、俺も持つのね。
といわけで、一応編集長らしく、製作の裏話を中心に書いていきます。
そんじゃ、今後よろしく頼みます。

2号発行後、色々頭の中のアイディアを整理しつつ、2005年の
戦略を練るのが楽しかったりする。雑誌なんて作ってる時よりも
夢想している時が一番楽しい。それは完全な理想形だからだ。

作ってるうちにその理想から少なからず乖離する。ようは現実ですね。
その乖離をなるべく最小限にするように毎回微調整を加えている。
今回発行ペースを落とし、1ヶ月休みにしたのはそこが大きい。
魅力のある誌面を作ることも重要だが、内部の体力をつけるのも重要。
外面だけでは生きていけないのよ、雑誌も人間も(笑)

というわけで、ただいま俺の頭の中ではアイディアが渦巻いている。
今年はもっともっと横に飛びます。表現媒体も増えるかも。
でも、それはまだまだ先の話。

というわけで、2005年、私広告はもっともっと遠くへ走っていきます。
執筆者の皆様、関係者の皆様、読者の皆様、今年も宜しくお願いします。
アイディア、叱咤激励、御批判何でも下さい。
何でもかんでもエネルギーにして走り続けたいと思います。
そしてくだらないものは何でもかんでも蹴飛ばして行くのだ!

P.S.
編集長のまったくつまらない日常の徒然は下記HPで書きなぐっています。
http://yaplog.jp/blue-in-green/
興味のある方は遊びに来てください。更新は期待しちゃダメ(笑)
[PR]
by miuboss | 2005-01-12 17:09